日本酒片手にほろ酔い気分



全国きき酒選手権大会への道 看板背負って

全国大会では、看板背負って頑張ろう(爆

という決意の元、半纏を借用してみました。

栃木のお酒のPRになるかなぁ?

頑張る前に、暗記しないと...



[PR]
# by horo41matsu | 2005-10-24 21:21 | private

栃木県の若き醸造家が醸す酒 松の寿編




さくら市の「蕎麦酒屋 くりはし」で行われた「栃木県の若き醸造家が醸す酒 松の寿編」の報告です。

松井専務の挨拶の後、今年の鑑評会出品酒で乾杯。
生のお酒(全部)は-5℃、火入のお酒(この日出品された大部分)は5℃の冷蔵庫で管理しているそうで、綺麗な熟成をしているお酒が多いと感じました。
全体的に繊細なやわらかい味わいを楽しめる火入のお酒が個人的に好みでした。
生のお酒の一部はお酒単独でじっくり利くと、(個人的にはどちらかというと悪くないと感じる)生の熟成感がでていて、生ヒネにとても敏感な人は気になるかも。しかし料理と一緒に頂くと、むしろ旨みの豊富さの特徴が際立っています。パンチのある酒好きな方は、まだまだ生もいけるかなと感じました。

以下は飲んだ順に簡単な感想になります。

1)松の寿 大吟醸 平成十六酒造年度 鑑評会出品酒

上立ち香はあまり華やか過ぎず、ほんのりと華やか系です。鑑評会としては弱い(?)かもしれませんが、食事にあわせる/食事の前に頂くには丁度良さそう。
口に含むと華やかな香りがふわっと広がりその後に淡い甘みが。
口当りが非常に柔らかく、大吟として完成に近づきつつある印象。まだ僅かに最後の渋が感じられ、個人的な飲み頃は来年正月ごろかな?
ネガティブな印象の味/香りが出ていないのはさすが。

2)松の寿 吟醸 無濾過生原酒 五百万石

純米吟醸の無濾過生は完売ということで吟醸のみ。
(純吟を確保したい方はお近くの酒販店にてお早めに 笑)
お酒単独では熟成感が気になりますが、それに負けない豊富な旨みとインパクトのある香り。
好き嫌いが分かれそうですが、料理に負けない強さがあります。

3)松の寿 純米吟醸 雄町 無濾過生原酒
4)松の寿 純米吟醸 山田錦 生

純吟生の飲み比べ。
雄町のほうが少し熟し気味も綺麗な熟に感じる。
雄町は旨みの広がりと丸さがある味わいがよく、最後に広がる爽やかな甘みが心地よい。
山田錦は甘みの感じ方が控え目でアミノ酸と思われる旨みの広がりが良い。
どちらも料理とあわせると、熟成感が無くなり、旨みの深さが際立つ。

5)松の寿 純米吟醸 雄町 火入
6)松の寿 純米吟醸 山田錦 火入

純吟火入の飲み比べ。
どちらも綺麗な香りを漂わせている。同じ酵母を使用しているためか全体の印象はかなに似通っている。どちらも線が細く繊細ながら一本芯が通っている。お酒単独で飲むにはこの2本がお気に入り。(もちろん料理と一緒も◎)
雄町は温度がひくいときは僅かにとんがっている部分を感じるが、冷蔵庫から出して暫くたつとさらりと柔らかい口当りが良い。香りと甘みのバランスを楽しめるお酒。
山田錦は生より旨みが控え目で、その分甘みを感じる。雄町よりは甘みの感じかたは弱い。
きれいな旨みが香りと一体となって楽しめる。

7)松の寿 純米大吟醸 山田錦 火入
8)松の寿 純米大吟醸 山田錦 火入 15BY

純米大吟醸の飲み比べ。
16BYのほうは青リンゴ系で包まれるバランスが良い。まだ少し若いか。開栓して数日すればかなり花開きそうな予感。
15BYのほうは、香りは綺麗にほんのり果実系。味のほうはパイン系の甘みを中心として熟し感がある。昨年飲んだ印象で熟成させると枯れた感じで水のようにさらりと仕上がるかなと思ったのですが、味が乗ってきた印象で予想が外れました。
もう少し寝かせたほうがより熟成の良さが際立ってくるかも。

9)松の寿 純米大吟醸 雄町 熟成古酒 14BY

山田錦の15BYがさらに進んだ印象。底に滓が絡んでいて、最初上澄みだけ、次に滓を絡めてのんでみました。
上澄みは香りがとても華やかでパイン系。旨み、味もパイン系で余韻が長い。
滓がらみはとても濃い味わいで個人的な好みでは強すぎる。決して古酒的な旨みではなく濃熟の果実系。
肉系の料理とあわせるとお酒が口の中の油をうまく流してくれて良い香りがたつ。トマト系肉料理との相性が◎でした。脂がのった刺身もよさそう。個人的には絶対食中酒として飲みたい。

10)松の寿 本醸造 山田錦 生
11)松の寿 本醸造 山田錦 火入

本醸造の生/火入飲み比べ。
この辺からかなり酔いが回っています(^^;
生は熟成感がすこし苦手。火入の印象がよい。かなり香りが出ていて綺麗な分類に入ると思うのですが(利き酒の記事はこのお酒 笑)、ここまで飲んでくると十分味がのっているよう旨み系のお酒に感じる。

12)松の寿 吟醸 山田錦 生
13)松の寿 吟醸 山田錦 火入

吟醸の生/火入飲み比べ。
個人的にはやはり火入に軍配。甘みが弱めでスッキリ辛口感がある。ほんのりと旨みが広がった後のキレが早いと思う。

14)松の寿 純米 山田錦 火入
15)松の寿 純米 五百万石 火入

純米、米違いの飲み比べ。
旨みは五百万石がどっしり感あり。あまり香りを出さずに、じっくり飲み続けるタイプ。
秋になってフレッシュ感は消えて、旨みが乗ってきている途中。このクラスでもヒネ感がでていないのは好印象。

16)松の寿 純米吟醸 五百万石 火入

最後にでてきたのですが、他のお酒を2順、3順と飲んでいて...多分飲みませんでした(汗

最後の写真、カウンターのテーブルにズラリと並んだお酒の数々。
さすがにこれだけ揃うと、一本一本をじっくり味わうのは(酒量的に)難しいですが、全体を通した秋あがりの楽しみとその中のお気に入りの一本を選ぶ楽しさがありました。





[PR]
# by horo41matsu | 2005-10-22 18:23 | 栃木の日本酒

全国きき酒選手権大会への道 虎の穴最終特訓

日頃お世話になっている蕎麦酒屋くりはしにて、全国きき酒選手権大会に向けた、虎の穴最終特訓をやらせてもらいました。

この日用意して頂いたお酒は全国大会と同じく7種類。
本醸造、純米、吟醸、純米吟醸の4クラス、生と火入で古酒は無し。

始まる10分ぐらい前に事前準備。大会当日この作戦が使えるかちょっと不安です。事前準備の内容は...ヒ・ミ・ツ(ライバルに手の内をあかさないように 笑)

そしてきき酒開始。
7問中2問は好印象のイメージで区別できそう
2:純吟系。すっきり。パイン。後味ほしぶどう。
6:(大)(純)吟醸。香り高くきれい。青リンゴ。いや味無し。

2問はネガティブなイメージで区別できそう
3:ほこりの匂い。味すくなくぼんやり。
7:肉?油?特徴的な匂い。ペタッとした味。

1問は特徴が自分なりにつかみやすい
1:本醸造?熟少し感じる旨み。太い甘み。

残り2問は特徴をつかみにくい印象
4:香りなし。熟あり、チョコ、ナッツ系の香ばしさ
5:すっきり平面、アル感あり、最後とんがる。ほんのり熟

こんなことを書きなぐって・・・
結果は・・・

全問正解♪

全国大会前の最終調整で、初の全問正解達成です。
今年の個人的なライバル、宮城県代表のTさんに一歩先行しました?!(爆

いくつか特徴的な印象をうまく言葉に変換できないもどかしさを感じながらなんとかなりました。
ちなみに
2は吟醸、6は本醸造、1は純米
特定名称あてやアル添あてには全然向いていないことが判明です(爆
6はこの日の集まりのメインのお気に入りの蔵なので、
評価が良くて安心(^^;;;

最後にくりはしさんより、花の贈っていただきました。感謝×2。
全国大会に優勝して、虎の穴、蕎麦酒屋くりはしの名前が轟くようがんばります。


[PR]
# by horo41matsu | 2005-10-22 17:30 | private

第1回 栃木の美酒と出会う旅

宇都宮で行われるイベントの御紹介です。昨年まで酒造組合主催のイベント「蔵めぐり」として行われてきましたが、今年は酒々楽会という酒販店さんの会の主催に発展的に移行するとか。
このイベントを期に、酒販店さんももっと栃木の酒を応援して欲しいところです。県内蔵元およそ30社参加予定です。

-----
開催日時:平成17年10月16日(日)午後3時~5時まで
会場:ホテルニューイタヤ
   〒320-0811 宇都宮市大通り2-4-6
   028-635-5511
会費:3000円(地酒プレゼント付)
チケット販売:9月1日より 売切れ次第終了(600枚)
販売窓口:酒々楽会会員酒販店(目加田酒店他)
     栃木県酒造組合 酒々楽(028-622-5071)
     各蔵元
内容:1.各蔵元の商品酒の試飲
   2.酒々楽大使の委嘱
   3.ミス酒々楽コンテスト
   4.チャリティオークション
   5.各蔵元自慢の美味しい地酒をプレゼント
-----

目加田酒店さんにお邪魔してお話を伺ってきたところ
・チケットの売れ行きは好評で早めに無くなるかも
・いまのところ蔵元まではチケット回っていない
・ミス酒々楽の応募は来週ぐらいから始める
 (お酒の似合う女性、未婚既婚問わず)

私も当然参加します。皆さんお会いしましょう。
[PR]
# by horo41matsu | 2005-10-16 08:33 | 栃木の日本酒

英君を味わう会 IN 稲毛屋

東京都文京区千駄木の稲毛屋で開催された「英君を味わう会 IN 稲毛屋」のご紹介です。

出品リスト
1:純米吟醸 緑の英君
 以前飲んだときよりもすっきりして甘みがうすくなっている感じがする。
 切れすぎてもう少しふくらみが欲しい感じ(冷えた状態)。
 その後温度が上がり、青りんご&バナナ系の香りが立ち、口の中での旨みの広がりも
 でてきて良くなった。
 自宅にある1本はまだまだ引っ張れるかな?

2:特別本醸造
 お酒だけで飲むと熟成系の旨みがぐわっと広がりちょっと厳しいが...
 味の濃い食べ物(豆腐のキノコあんかけ、醤油系)と一緒にいただくと、この旨みが
 きれいに感じられて◎。秋上がりした、良い食中酒。

3:特別純米
 これもお酒単独だと熟成系の香りが目立つ。
 鰻の塩焼きとあわせたところ、果実系の甘い香りが広がってよかった。
 これも食中酒としてお薦め。

4:吟醸 特別袋吊り雫(青の英君)
 おだやかな立ち香。甘味と酸味のバランスがよく、余韻が長い。
 余韻が長くても、ベタベタした感じではなく、きれいな旨みが消えずにのこっている好きな余韻。

5:大吟醸斗瓶囲いHD-1
 いままでのラインナップとは一線を画す別格なおさけ。The静岡吟醸♪
 香りが上品で少し若々しい果物系の香り。これぐらい上品な香りが好きです。
 口に含むと幸せが口の中を駆け巡り(お酒の感想になっていない 汗)もう満足。
 この日一番のお気に入り。

6:純米大吟醸斗ビン囲い(H7BY)
 確か生とお聞きしたような...
 とても10年近くたっていると思えないほど熟成感がないお酒。苦手感がないです。
 一方で、10年たって劇的に良くなっているわけでもなく、ちょっと中途半端感もある。
 生熟系が出てしまっているのが残念。
 火入れできれいなまま10年近くたてばとても素敵なお酒になりそうと、
 この蔵の力を感じさせてくれた一品です。(5のお酒とかどうかなぁ)

 お猪口燗をちょっと分けてもらう。丸みが出てすぃすぃさらさら飲めてしまう。
 これが10年の月日のなせる業かな。

7:純米大吟醸斗ビン囲い
 さわやかな香りは5のお酒の似た印象。
 渋さがなく、メロン系の甘味、ほんのり旨みが第一波、第二波とおしよせてすーっと引いていいく。
 これもきれいでバランスが良い。
 この日二番目のお気に入り。

8:大吟醸斗ビン囲いM-310
 これは華やかな香りが広がるお酒。華やかなんですが、食事を邪魔するような派手派手しさはない。

9:大吟醸滓酒M-310
 真っ白になるほど滓が絡んでいるお酒。米の味~のお酒。
 大吟醸にはもったいない? 純米酒、本醸造あたりで割ってのみたい(^^;

10:10年古酒KOHAKU
 個人的には苦手なのでコメントはパス(^^;

全体的に今年のラインナップはきれいな仕上がりのなか、お酒の良い面が強調されていて好きです。昨年はきれいな中に(きれいだからこそ?)、苦手な味/香りが垣間見えることがあったのですが(特に上のクラス)、今年はそれが感じられず◎。
季節柄、次の造りに期待します...というコメントも出てきそうですが、ひと夏越して秋上がりした英君シリーズを楽しんでいきたいです。

贅沢をいうと、純米吟醸クラスのラインナップに変化をつけていろいろ味わってみたいなぁ(^^)
[PR]
# by horo41matsu | 2005-10-14 07:43 | 飲食店情報

蔵元と日本酒を楽しむ会 2005

知る人ぞ知る隠れたお店(実は有名?)、郡山市の泉屋主催
"もっと日本酒" 蔵元と日本酒を楽しむ会 2005
に参加してきました。

参加蔵元と出品酒は以下の通り。

私が回った順。
先頭の「番号」は試飲順。
先頭の「00」は試飲しなかったお酒。
先頭の「--」は既に無かったお酒。

◆黒龍
01:二左衛門
00:大吟醸 八十八号
00:大吟醸 龍
00:九頭龍 燗用大吟醸
15:参考出品酒 燗用 純米吟醸

「燗用 純米吟醸」は55%、二年熟成

◆天狗舞
02:有歓伯
00:中三郎 大吟醸生酒
00:石蔵山廃純米吟醸酒

「有歓伯」は8年熟成の純米大吟醸

◆十四代
03:鑑評会出品酒
04:七垂二十貫 双虹
05:中取り純米大吟醸 特吟
--:七垂二十貫 龍月
00:純米吟醸 愛山

◆飛露喜
06:純米大吟醸 泉川
07:特別純米 生詰
--:JAL専用

「JAL専用」は非売品。これは飲んでみたかった・・・

◆南部美人
08:純米吟醸 山田錦
09:純米吟醸 愛山
10:斗瓶囲いしずく酒

「斗瓶囲いしずく酒」は1601酵母。

◆浦霞
11:大吟醸原酒 15BY
12:純米大吟醸古酒 13BY
13:エクストラ大吟醸 15BY
14:山田錦純米大吟醸 16BY

「純米大吟醸古酒 13BY」は今後販売予定、山田錦40%。

◆田酒
16:大吟醸 善知鳥
17:純米大吟醸 山廃仕込
18:純米吟醸
19:澄熟吟醸 外ヶ濱

◆奈良萬
20:純米大吟醸 中垂れ
21:純米酒 瓶火入れ
00:純米酒 ひやおろし
00:純米酒

◆天明
22:五百万石大吟醸 3年熟成
23:美山錦生純吟(参考出品)
00:35%大吟醸15BY 斗ビン取り出品仕様
00:亀の尾純米ビン火入 16BY

◆国権
24:純米大吟醸 一吉
25:純米生貯蔵酒
00:特撰大吟醸
00:大吟醸
00:純米酒
00:純米吟醸

◆醸し人九平次
--:純米大吟醸山田錦35% 別誂
--:御点前大吟醸「佐藤彰洋」
--:大吟醸2002

ブースに立ち寄ったときは全て売り切れ(>_<)

◆東洋美人
26:純米吟醸 愛山 斗壜取り
--:大吟醸 金賞酒
--:純米吟醸 雄町 斗壜取り
--:純米吟醸 山田錦 斗壜取り
--:純米吟醸 亀治 斗壜取り
--:山廃吟醸 斗壜取り

◆栗駒山
27:大吟醸 斗瓶取り 15BY
28:蔵の華 純米大吟醸 斗瓶取り 15BY
--:特別純米酒 無加圧中取り

◆末廣
29:玄宰
30:玄宰 中汲み 生
31:鑑評会 出品酒
00:玄宰 5年
00:純米大吟醸「亀の尾」
00:伝承山廃純米酒
00:ぷちぷち 微発砲性清酒

◆乾坤一
32:大吟醸原酒 斗瓶取り
33:純米大吟醸
00:純米吟醸 冬華
00:純米吟醸原酒 美山錦
00:純米吟醸原酒 ひやおろし

◆蒼空
34:仕込み7号 純米 山田錦 熟成生おりがらみ
--:仕込み3号 純米大吟醸 生酒
--:仕込み4号 純米酒 山田錦

◆出羽桜
35:純米吟醸 雄町
36:桜花吟醸酒 山田錦
--:純米大吟醸 愛山
--:雪漫々 大吟醸
--:雪漫々 五年氷点下熟成酒
--:鑑評会金賞受賞酒

◆日高見
37:斗ビン取り大吟醸 仕込52号
--:斗ビン取り大吟醸 仕込51号
--:斗ビン取り大吟醸 仕込52号

◆あぶくま
38:純米吟醸 五百万石
39:純米吟醸 山田錦
--:大吟醸 無濾過原酒袋吊り

◆会津娘
40:純米吟醸 五百万石 16BY
--:純米吟醸 雄町 16BY
--:ひやおろし 純米吟醸「八反錦」
[PR]
# by horo41matsu | 2005-10-10 08:17 | 全国の日本酒

姥湯温泉





米沢八湯のひとつ姥湯温泉で命の洗濯をしてきました。
R13からはいること約1時間、片側崖になっている車のすれ違いがたいへんな山道(でも大部分は舗装)を通っていく一軒宿です。

ここの温泉の特徴は乳白色の露天風呂(混浴)、混浴の温泉は基本的に大自然を満喫できるのでハズレが少なくてGoodです。名ばかりの露天風呂の人工的に造られた庭を眺めながらというのは寂しいですからね。私は泉質より景観派です。
まぁ知らない人に見られたって恥ずかしくないですからぁ(爆

かなり有名な温泉なので、休日はかなり混雑しているのが難点かな。本当は平日にゆっくりと行きたいのですが(笑
この日もおばちゃん数人連れが多くて、まぁうるさいこと×2。温泉の内湯って音が響くのですが、女湯ってとてもがやがやしているのでしょうか?(笑

前日の飲みすぎた体を休めるようにたっぷり2時間浸かってきました。丁度一冊の本を読破(^^;
大自然の中でほろ酔い気分を楽しむには丁度良い時間なのですが...さすがにこの日は自粛。缶コーヒーで我慢×2。温泉の中でビールですか...ビールは風呂上りでしょう(^^;

山の中は紅葉も進んでいました。でも今年の紅葉は色づきが弱いような・・・皆さんの周りはどうかなぁ?女湯の壁の上に一本の紅葉が綺麗に色づいてました。


拡大写真はこちらをどうぞ。            拡大写真はこちらをどうぞ。



拡大写真はこちらをどうぞ。


p.s.
帰り道、一台の大型車が脱輪してました。私の車ぐらいまではなんとか通れましたが、3ナンバーの大型車は無理でしょうね。あそこで通行を遮断されてしまう大型車はどうなるのだろう?
あまり混雑するとJAFの救出車も行き着けなくなりそうですし...
完全に渋滞する前に通り抜けることができてラッキーでした。
山道の運転はよっぽど注意しないとと実感。でも爆走系(^^;
[PR]
# by horo41matsu | 2005-10-09 07:58 | private

新藤酒造を囲む会

米沢市の割烹「加津」で開催された
秋の愉しむ会2005 新藤酒造を囲む会
に行ってきました。

今回は、東北地方の面白い酒仲間が集まる冷蔵庫の会を通じて親しくさせていただいている
itachaさんに誘われての参加。「加津」の親方とは今年の冬の「天明」訪問でお会いし、その後の「加津」デビューがこの会・・・ごめんなさい。

お店に伺うと、itachaさんのお出迎え。前掛けに法被姿で、スタッフとして御活躍。お店の人と一緒に会を開くスタイルもいいかも。自分もちょっとやりたいな...なんてちょこっと思いました(笑

親方&女将さんに御挨拶して通されたのは、カウンターから遠く離れた(?)個室。冷蔵庫の会のメンバーは隔離です(爆 なんせ話の中身なんて濃すぎるほど濃いメンバが揃ってますからね。一般の人に混じったら引かれるでしょう...
#冗談ですよ。

蔵元挨拶の後、乾杯のお酒は「九郎左衛門 秋季鑑評会出品酒」ふわりと良い香りの上品なお酒。今夜の雅山流ワールドが楽しみになるお酒です。

蔵元さんが大部屋のほうで説明されている間、個室では雅山流を取り扱っている白石の酒販店さん(当然?冷蔵庫の会のメンバ)の説明を受けながらお勧めの順に杯を重ねます。さすがに順番の選びからがうまい!お酒の良いところが感じられる順番でお勧めしてくれます。
(飲んだ順番は後述の感想欄をご参照ください)

雅山流は今年の春、山形で開催された鑑評会の後に行ったお店で初めてじっくり飲んだお酒だったと記憶しています。そのときの印象から、とても華やかな香りを特徴とするお酒なんだなぁと自分のなかで分類されてました。ところがこの日色々飲んでみて、香りは大人しく味を上手に引き出しているお酒などかなり幅広く展開しているなと感じました。
しかし、最後にあらためて全体を見渡すと、何か一本「雅山流」という芯がしっかりとおっていて、そこから一本ごとの特徴をうまく表現していました。まさに木と森の関係のようです。このような機会をもてたことに感謝ですね。

酒仲間との濃ゆいお話、蔵元さんとのふれあいあっという間に時間が過ぎていって最後に抽選タイム。お酒を1本Getしてしまいました♪

お開きの後は・・・余ったお酒をもって、スタッフ打ち上げに同行。2次会(スタッフの皆さんは一次会)も雅山流ワールド。いつまでも飲めるお酒ですね。
そしてラーメンを食べに行くという軍団の後を歩きながら・・・ラーメン反対(^^; さぁ帰るかと思っていたら、何故かさらなる居酒屋へ。居酒屋なら当然Go♪
そして3次会も「雅山流」。雅山流に骨の髄まで浸かった一夜になりました。
#寝たの何時だったのだろう・・・

今宵御一緒した愛すべき酒好きの皆様に感謝♪

やっと飲んだお酒の感想。大体飲んだ順番

(以下のお酒、全てに「九郎左衛門」の肩書きが付いています)

1.九郎左衛門 秋季鑑評会出品酒(参考出品 蔵元様ご提供)

 乾杯のお酒
 立ち香・含み香ともにイチゴ系の甘酸っぱい香り。果物系を感じられる香りは好きです。
 口に含むとふわりと甘い香りがひろがり、やわらかい心地よさでつつまれます。
 きれていく中で最後の最後にわずかに渋さが感じられる。まだ若い?
 熟成系のイヤな感じが全くしない、上手な熟成過程を経ていると思います。

2.裏・雅山流 香華 無濾過生詰酒 
  美山錦65%/山形酵母

 旨みを感じるお酒。香りは邪魔にならない程度にほんのりとたたずんでいる。
 軽く味わえて、キレが良いお酒。
 会の最後のほうに飲むと香りが立ってきたようにも感じる。ほんのり米の旨みを
 感じさせる香り。最後まで飲み飽きしないお酒でした。

3.雅山流 如月 大吟醸
  出羽燦々50%/山形酵母

 香華よりも余韻が長い。大吟醸ではあるが吟醸香は控え目でほんのりとしている。
 こちらはお米の香りよりは、吟醸香。
 繊細だがくずれない力強さと柔らかさのバランスがとれている。
 (度数が低いため)口当りがやさしく、くいくいいつまでも飲めそうなお酒。
 (実際に3次会はこれonlyでした)
 # いなり寿司には合いませんでした。醤油が苦手?

4.裏・雅山流 楓華 無濾過純米生詰酒
  美山錦65%/山形酵母

 香りが高く、ふんわりと香りから入ってくるお酒。
 香りにちょっと熟し感を感じつつ、夏を越して熟成している旨み香りの良さを味わえる。
 これ以上熟成が進むと自分の苦手な分類に入るかも。ギリギリの線で好み。

5.雅山流 楓月 ひやおろし純米大吟醸原酒(生詰)
  出羽燦々50%/山形酵母

 -5℃のタンクで保存し、壜詰めして出荷したお酒とのこと。
 香りが他より強い。キレが良すぎて味の印象をあまり残さずにスーッと引いてしまう。
 あまりに綺麗過ぎるので、熟成感が浮いて僅かに残ってしまうのが残念。

6.雅山流 彩月 搾りたて純米吟醸生原酒
  出羽燦々60%/山形酵母

 春の搾りたての時期限定酒をこっそりと隠しておいたお酒だそうです。
 生熟感がでているが、ぎりぎり旨みとも感じられるお酒。
 好き嫌いはありそうですが、本日一番力強く感じたお酒。

7.九郎左衛門 美禄延寿(15BY)(参考出品 蔵元様ご提供)

 昨年の全国新酒鑑評会で金賞受賞した純米大吟醸。
 この日、一番気に入ったお酒です。
 (飲んだときは1年熟成していると分からなかった)
 甘み旨み香りが高い次元でバランスされていて、綺麗に仕上がっている。
 嫌なところが全く感じれらず、さらりとすっきり、でも、うまー。

8.雅山流 翠月 純米大吟醸
  出羽燦々50%/山形酵母

 ほんのり旨い...そして旨い。(かなり酔っている時点での感想 汗)
 ほっそりとした綺麗な旨さをとことん感じる。そしていつまでも飲めそう。

感想はざっとこんなところです。あいかわらず、喩えが全くできない感想でごめんなさい。
写真は時間があればいつかupするかも・・・
[PR]
# by horo41matsu | 2005-10-08 22:38 | 全国の日本酒

鳳凰美田 平成十七年第九回 収穫祭






春のお田植え祭りに続き、鳳凰美田さんの収穫祭に行ってきました。

収穫祭の会場となる田んぼでは残念ながら倒伏した亀の尾の姿が。生産者の野村さんのお話では台風の影響で倒れてしまったそうです。

9時過ぎから会が始まり、10時ごろには無事に収穫完了。刈り取った後の写真をよく見ると分かりますが、手で刈った部分は綺麗に収穫できていますが機械で事前に収穫していた部分には刈り残しがみられます。さすが人の手は偉大。でも農家の方にとってはとても人手で全部刈るのは難しいですね。

10時からは懇親会。地元の酒販店さんの奥様方が用意してくれた豚汁&おにぎりを美味しく頂きました。
そして秋は復活、試飲会。出品大吟醸からひやおろしまで7種類(だったかな?)を試飲させていただきました。個人的には「純米吟醸 芳 生酒」が秋になっても良いバランスをだしていて好みの味でした。一方、火入系はストーンと切れすぎの印象。もう少し膨らんで甘みを出して欲しいなと思いました。
小林専務の話では生酒はいままでの路線を継承しつつ、火入系は新たな方向性を目指しているそうです。(酵母由来かなと思われる後味がちょっと苦手でした)

そして、今年から新登場の梅酒。
1年ものと2年物のブレンド、J-Sakeと同じ瓶に詰められての販売です。鳳凰美田では初の絵柄のラベルとか。秋にしては残暑といえるような暑さの中すっきり味わえました。
他の蔵の日本酒ベースの梅酒は飲んでいないので比較はできませんが結構いいかも。
しかしお値段がちょっと高めです(^^;

最後は大抽選会&じゃんけん大会。
今回も2本プレゼントされた益々繁盛瓶が狙い目。
しかし何故かじゃんけんは子供が強い。
益々繁盛瓶のじゃんけん大会は最初ちいさなお子様が3人残り、この時点で大人0(笑
急遽、「本日お酒があたっている人はそれをかけて敗者復活で参加できます」の機転で5人ぐらいの方が敗者復活戦に挑戦...
しかしやっぱり勝ち残ったのは小さな男の子でした。一番小さい子だったかな?
春のお田植え祭りに続き、美味しいところを子供に持っていかれました。
おさないお子さんをお持ちの方、是非来年は一緒に参加してみてください。

それにしても南は九州から北は東北まで、鳳凰美田さんは全国で頑張っていますね。
今年の亀の尾が美味しいお酒になってまた私達のもとに戻ってきますように♪
[PR]
# by horo41matsu | 2005-10-02 10:26 | 栃木の日本酒

伊東酒合宿 その2

当日は大森駅集合で車で拾ってもらえることに。
しかし集合場所と思われる場所にいっても誰もいない・・・
この車かなと思われる車だけあったのですが。

こんなときの携帯電話と電話をかけてもみんなでない(>_<)
「おーぃ、どこいったんだよぅ」とぼーっとしていたら、コンビニからでてきたばっしーさんに出会えました。ちょっとほっとした一瞬(笑

そのまま車でホテルへGo。
都内の道案内をカーナビに任せるのはとても危険と勉強したり、
伊東への道は景色は綺麗だが細々としててドライブにはちょっと不向きかなと思ったり、
いろいろありましたが、基本的に風が気持ちよく、景色も綺麗なドライブでした。

ざくっと省略して、お風呂に入る(汗
屋上の露天風呂と大浴場に併設の露天風呂が、日替わりで男湯と女湯交換とか。
この日の男湯は大浴場に併設の露天風呂でした。
しかしガラスに囲われた内湯に毛がはえたような露天風呂、
こんなの露天風呂とはいえーん(-_-#
唯一残念だったのがお風呂かなぁ。

#ちなみに翌日は体調万全ではあまりの疲れで、
#屋上露天風呂に行く気力はありませんでした(^^;



お風呂のあとは仕出し料理のお出迎え。
船盛をメインに懐石風のお料理です。写真の他には天婦羅、茶碗蒸し、おにぎり、味噌汁、他に何かあったかな?
テーブルに並べきれない料理を前にして、いよいよ待ちに待った

大宴会開始♪
宴会ではなくて「大」宴会です ← 重要(^^;

ビールまたはAngieで乾杯のあと、まずは持ち込み酒の紹介(爆
これが自己紹介代わりでした(^^;;; さすがは酒○○○。(○のなかは御想像にお任せです)



お酒は最初からこのようにズラリと並べたわけではなく、少しずつ開けていきました。
以下のリストは私が飲んだ順(写真に撮った順)になります。

出品リスト:
Angie(白瀑)
松の寿 純米大吟醸(HOROYOI持込)
龍勢 八反錦原酒 中取純米 冷やおろし
山内杜氏 藤田喜代美(太平山)
山形正宗 純米吟醸雄町(でかラベル 笑)
天明純米大吟醸 鑑評会出品酒 H14BY出品酒
旭興 ひやおろし純米吟醸 とちぎ酒14号(HOROYOI持込)
相模灘 純米吟醸 美山錦50 生詰
相模灘 純米吟醸 美山錦55 無濾過生原酒
天領 純米吟醸酒
夏ヤゴ 純米生原酒(いづみ橋)
田酒 百四拾 純米大吟醸 華想い
大信州の吟醸甘酒
伊豆修善寺 やくぜん 黒米の酒
葵伝説 原酒 二十一度
わさび酒
華鳩 貴醸酒

いくら飲んでもなくならないお酒、美味しい料理の数々、夜通し話しても尽きないと思われるお酒の話題(ってそれだけでは無いですが・・・一応フォロー)、まさに酒合宿にふさわしい夜になりました。

そして結局寝たのは「5時だしそろそろ寝ましょうか~」の時間(^^;
居残り特訓が厳しかった?! 

このような素晴らしいイベントに誘ってくれたすぎだまさん、宿の手配から料理の手配までお任せだった幹事のばっしーさん、楽しい一夜を一緒に過ごした参加者の皆様、本当に感謝×2です。

翌日は、栃木に戻っての迎撃宴会のために慌ただしく旅立ってしまいましたが、今度はゆっくりと伊豆の温泉まわりもおこないたいです。またお会いしましょう♪
[PR]
# by horo41matsu | 2005-09-30 22:01 | private


栃木県の地酒情報を中心にほろ酔い気分で書きつづります
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ

以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
As a summary..
by alltel fre at 00:56
by lostyand at 23:03
hmm... [u..
by noaf at 00:49
hmm... [u..
by noho at 23:43
Finally int..
by casino in louisiana at 22:30
Applying for..
by cash advance detroit at 22:29
Join payday..
by bad credit at 00:58
All the 100..
by casino rou at 17:30
Particularme..
by nokia klingeltne at 16:10
by listik-28081 at 12:41
最新のトラックバック
titanium wed..
from titanium weddi..
luftansa air..
from luftansa airli..
snow plows
from snow plows
izod impact
from izod impact
casa guero
from casa guero
pc2700 noteb..
from pc2700 noteboo..
jack off jil..
from jack off jill ..
main
from main
breast enhan..
from breast enhance..
glipizide
from glipizide
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧