日本酒片手にほろ酔い気分



<   2005年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧


伊東酒合宿 その2

当日は大森駅集合で車で拾ってもらえることに。
しかし集合場所と思われる場所にいっても誰もいない・・・
この車かなと思われる車だけあったのですが。

こんなときの携帯電話と電話をかけてもみんなでない(>_<)
「おーぃ、どこいったんだよぅ」とぼーっとしていたら、コンビニからでてきたばっしーさんに出会えました。ちょっとほっとした一瞬(笑

そのまま車でホテルへGo。
都内の道案内をカーナビに任せるのはとても危険と勉強したり、
伊東への道は景色は綺麗だが細々としててドライブにはちょっと不向きかなと思ったり、
いろいろありましたが、基本的に風が気持ちよく、景色も綺麗なドライブでした。

ざくっと省略して、お風呂に入る(汗
屋上の露天風呂と大浴場に併設の露天風呂が、日替わりで男湯と女湯交換とか。
この日の男湯は大浴場に併設の露天風呂でした。
しかしガラスに囲われた内湯に毛がはえたような露天風呂、
こんなの露天風呂とはいえーん(-_-#
唯一残念だったのがお風呂かなぁ。

#ちなみに翌日は体調万全ではあまりの疲れで、
#屋上露天風呂に行く気力はありませんでした(^^;



お風呂のあとは仕出し料理のお出迎え。
船盛をメインに懐石風のお料理です。写真の他には天婦羅、茶碗蒸し、おにぎり、味噌汁、他に何かあったかな?
テーブルに並べきれない料理を前にして、いよいよ待ちに待った

大宴会開始♪
宴会ではなくて「大」宴会です ← 重要(^^;

ビールまたはAngieで乾杯のあと、まずは持ち込み酒の紹介(爆
これが自己紹介代わりでした(^^;;; さすがは酒○○○。(○のなかは御想像にお任せです)



お酒は最初からこのようにズラリと並べたわけではなく、少しずつ開けていきました。
以下のリストは私が飲んだ順(写真に撮った順)になります。

出品リスト:
Angie(白瀑)
松の寿 純米大吟醸(HOROYOI持込)
龍勢 八反錦原酒 中取純米 冷やおろし
山内杜氏 藤田喜代美(太平山)
山形正宗 純米吟醸雄町(でかラベル 笑)
天明純米大吟醸 鑑評会出品酒 H14BY出品酒
旭興 ひやおろし純米吟醸 とちぎ酒14号(HOROYOI持込)
相模灘 純米吟醸 美山錦50 生詰
相模灘 純米吟醸 美山錦55 無濾過生原酒
天領 純米吟醸酒
夏ヤゴ 純米生原酒(いづみ橋)
田酒 百四拾 純米大吟醸 華想い
大信州の吟醸甘酒
伊豆修善寺 やくぜん 黒米の酒
葵伝説 原酒 二十一度
わさび酒
華鳩 貴醸酒

いくら飲んでもなくならないお酒、美味しい料理の数々、夜通し話しても尽きないと思われるお酒の話題(ってそれだけでは無いですが・・・一応フォロー)、まさに酒合宿にふさわしい夜になりました。

そして結局寝たのは「5時だしそろそろ寝ましょうか~」の時間(^^;
居残り特訓が厳しかった?! 

このような素晴らしいイベントに誘ってくれたすぎだまさん、宿の手配から料理の手配までお任せだった幹事のばっしーさん、楽しい一夜を一緒に過ごした参加者の皆様、本当に感謝×2です。

翌日は、栃木に戻っての迎撃宴会のために慌ただしく旅立ってしまいましたが、今度はゆっくりと伊豆の温泉まわりもおこないたいです。またお会いしましょう♪
[PR]
by horo41matsu | 2005-09-30 22:01 | private

伊東酒合宿 その1

正式な名称は良く分からないのですが(爆
伊東での酒合宿のレポートです。

伊東で地獄のキャンプというと、第一次長島政権におけるジャイアンツの秋季キャンプを思い浮かべる方も多いと思いますが...それに負けず劣らず、日本酒に熱い情熱を持っている方々の集まりでした。

そもそもきっかけは...
mixiのメールにマイミクのすぎだまさんより1本のメールが...

件 名 : え~突然ですが
伊東に行きませんか?
伊東酒合宿のお誘いです。
しかも今度の金曜日9月30日から一泊二日。
(略)
ではではかなり無謀なお誘いでしたがヨロシクです (^-^)

はいはい、かなり急で大変なお誘いです(笑
10月の日本酒月間に備えて、9月は有休なしの予定で先取りの仕事も含めて予定を組んでいたところのため、ちょっと躊躇してしまいます。

しかーし、その後頂いた案内が...
ポイント:
温泉リゾートマンションでDo it Yourself式の大宴会

私の中のツボをまさにピンポイントでついたような案内。こんな案内を頂いてしまったら仕事は放棄、ではなくて、何とかするのが酒飲みの性。
明日のことは飲んでから考えようってかぁ(^^;
とりあえず日曜日に仕事を片付けに行って、最終週の仕事を何とする目処をつけ、即決。
(しかし、休日の仕事は本当にはかどる 汗)
参加でーすのメールを発信。もう後には戻れません。

会の概要
'05年9月30日(金)~10月1日(土)
  皆さん期末なのに休んでます(笑
ウェルネスの森伊東にて2LDKの部屋を借り切って、日本酒&料理を持ち込んでの大宴会
  ホームパーティ気分♪
幹事ばっしーさん他参加者♂4名、♀5名
  幹事お疲れ様でした

当日編に続く
[PR]
by horo41matsu | 2005-09-30 21:32 | private

天明 酒米「亀の尾」稲刈り 懇親会編




農作業のあとは懇親会。この日は前線が通過する天気予報だったのですが、丁度お昼時ににわか雨になってしまいました。テントの下での懇親会。場所によってはちょっと雨に当たってしまいました。

まずは「天明 本生純米」で乾杯。労働のあとのちょっぴり一杯はうまい(笑
ちょっぴりがどのぐらいかは御想像にお任せします。亀の尾の純米吟醸生もありましたがこちらも舐める程度にいただきました。
そしてお酒も美味しいのですが、おにぎりがこれまた最高。あちらこちらから「おいしいね」の声が聞こえてきます。これも労働のなせる業?
秋は残念ながら亀の尾とはいきませんが、新米を用意していただきました。感謝×2。そして芋煮?豚汁?。福島風?はきのこいりでした。
写真にあるのは釜で炊いた白米です。こちらも新米でおこげが香ばしい。なんと籾殻で炊いてました。燃えカスになっても籾殻の形が残っているんですよ。結構いい燃料なのかな? と書きながら...これからの季節かつおのたたき用に少し貰ってくればよかったと後悔(^^;





懇親会のあとはぐいのみ作りのオプション。土は何だっけかなぁ?備前の赤土?忘れました。
土をこねるところからお手製で作るのとろくろ回すのと両方あったので、ろくろに挑戦。
まずは中心をだして、器の外形を作っていただきます。ここから自分の好きな形にするのですが、私の中のイメージは燗酒用のお猪口のちょっと大きめのもの。ふちの部分を薄くするところと厚くするところのメリハリをつけて、口当りによる味わいの差を確かめられるもの...

しかし、ちょっといじっただけで大きくなってしまいました(爆
最初の出だしが結構大きかったのか...

最後に口の部分を薄くしようと頑張って伸ばしたのですが、あまり見かけない形になってしまいました。これ以上いじると壊れてしまいそうなのでここまでで断念(弱気。 口当りの部分の厚さを変えるのは無理ですね(^^; 今度手でこねるときにでも挑戦してみます。
[PR]
by horo41matsu | 2005-09-19 14:14 | イベント情報

天明 酒米「亀の尾」稲刈り 農作業編

「天明」を醸す曙酒造の酒米「亀の尾」稲刈りイベントに行ってきました。
現地で米沢のいたっちさん御家族、仙台のKさん&Tさんコンビ、そしてお初にお会いした茨城のノリアケさん御夫婦と合流。南北に長いラインの結集です(笑




稲刈りをした亀の尾の田んぼは10~15m四方でしょうか。ここの田んぼのお米は来年の種籾&余った分は来年の田植えのときに振舞われるご飯になるそうです。
隣の田んぼと比較すると色彩が全く違います。同じお米なのか聞かなかったのですがどうなのでしょう?違うお米だと交雑しないのかな...なんて心配に。なんせ種籾ですから。




「でははじめましょう」の掛け声で、てんでばらばらに稲刈開始です。一列に並んで...なんてことはやりません(笑
中には刈った後が綺麗に揃っている組も。プロの方でしょうか?
初めての稲刈り体験でしたがあまり腰も痛くならずに、ざくざく刈るのが気持ちよかったです。稲を刈るよりも、それを束ねて運ぶ仕事のほうが大変でした。
約80名で休憩をとりながら1時間ほどで天日干しの準備まで完了。あっという間の出来事でした。あっという間とはいえ、働きが半分として40人Hの仕事量。4日分の労働ですか...昔の農作業の労力は大変だったのですね。


ブレークタイム。ワンちゃんもいっしょに天日干しされてました(爆




最後に集合写真をとって終了。スタッフの方がカメラをお持ちの方は撮りますのでどうぞということで、みなさんカメラを預けて撮ってもらいます。次から次へと撮ってもらうので、いつ誰がどこから撮っているのか全く分かりません。大体5分ぐらいの撮影タイムでした。

田んぼへの道すがら撮影した蕎麦畑の風景。休耕田を利用した蕎麦栽培でしょうか。蕎麦の花が満開でとても綺麗でした。
[PR]
by horo41matsu | 2005-09-19 12:00 | 全国の日本酒

夢バトン

蔵元若葉印の若葉さんから夢バトンを預かりました。

Q1.小さい頃、何になりたかった?

白衣の天使ならぬドクター。外科医にあこがれました。

Q2.その夢は叶ったか?

人との強い係わり合いが必要な仕事は無理だなぁと思ったときに諦めました(^^;

Q3.現在の夢は?

仕事的には、一応エンジニアやっている以上、営業しなくてもバカ売れする世の中に出したいですね(笑
少しでも世界中の人々の健康のお役に立てれば・・・

私生活では...この人なら自分の一生をかけても良いと思える人に出会いたいですね。
仕事のパートナーなのか、人生のパートナーなのか、遊び仲間になるか分かりませんが...
そのためには自分の魅力、価値を高めないと(^^;

Q4.宝くじで3億円当たったら?

開発の一線を離れなければならなくなったときの独立資金に(笑

酒造メーカーに投資して共同オーナーに。理想のお酒を追ってみたい(^^;
その後、日本酒の流通関連の新規ビジネスを。
なんか良いネタ無いかな・・・

大きな冷蔵設備を導入して、日本酒の保管(熟成)、出荷管理、配送を請け負う受託ビジネス
なんて駄目だろうな。

Q5.あなたにとって夢のような世界とは?

死ぬまで生活(お金)の心配をせずに、好きな仕事で自己実現して、
好きなときに遊べる世界。
全くしがらみがないと成長の無い世界になりそうですが(^^;

Q6.昨晩見た夢は?

夢をみたらupしようと思ったのですが、ここ2日ほど覚えていません。
朝覚えていたらupします。

Q7.この人の夢の話を聞きたいと思う5人は?

無限連鎖的なものは広げないポリシーなのでごめんなさい。
バトンはここに埋めます。
[PR]
by horo41matsu | 2005-09-15 22:00 | private

栃木県の若き醸造家が醸す酒 桜川編

さくら市の「蕎麦酒屋 くりはし」で行われた「栃木県の若き醸造家が醸す酒 桜川編」の報告です。
今回は出品されたお酒の紹介だけでごめんなさい。一部メモが怪しいです・・・

1)辻善兵衛 活性にごり酒 雄町

本日の乾杯酒。
後述する純米吟醸雄町と同じタンクのお酒。なんと米粒が浮いています。
すっきりとした中にふんわりとした米の旨みとほんのり果実系の良い香りが楽しめます。
ひと夏を越してもスッキリのめるのは、蔵元のこだわりとか。
食欲をそそる味です。

2)辻善兵衛 限定純米(いろいろなお米をブレンド)

酒母を一つのお米で仕込んだ後、3段仕込みに複数のお米を使用したとのこと。
山田錦、美山錦、五百万石等が入っているそうです。
昨シーズン初めて仕込んで小じこみの300k仕込み。
7号酵母で、米の味を堪能してもらいたいお酒との説明でした。

旨みの中にほんのりと苦味があり、もう少し寝かせても個人的には良いかなと思います。

3)辻善兵衛 無濾過中取り 純米吟醸 生

地元の五百万石にT-1酵母使用の純米吟醸。辻善兵衛のスタンダード。
今年のT-1は10年ぐらい前に分離した直後に凍結保存していたものを使用したそうです。
一昨年よりは酸が出やすかったとか。
上立ち香が華やかながら特長は弱い印象。(単に言葉で表現できないだけ 汗)
キレの良い旨み。夏を越してもスッキリしている。

4)桜川 吟醸 とちぎ酒14号 原酒 生/火入れ

辻さんの感想では、使いやすいお米。透明感がありキレがある酒質になりそうな予感の酒米。
アミノ酸が出にくいのが特徴とか。
自社精米したそうですが、精米が難しいそうです。

生はちょっと熟味と苦味がありますが、旨みもしっかりでてキレがあるのであまりきにならない。
一方火入を飲むと、より綺麗な旨み、キレに感じられ、生がすこし重たく感じる。

5)辻善兵衛 限定品 純米吟醸 雄町原酒

膨らみのある旨み。いままでで一番インパクトがある。
後味にピリッと感があり、まだ若いのか?

6)世は満続 (秋出荷バージョン)

香りが今までの中で一番出ているお酒。栃木酵母か?
味のほうは辻善兵衛シリーズと共通感もある。

7)桜川 大吟醸 山田錦50% 一年熟成

熟成感がすこしあるが、落ち着いた香りを楽しめるお酒。
角がとれて丸さと綺麗さをたのしめる。

8)櫻川 斗瓶囲い 限定大吟醸 一年熟成

落ち着いて気品のある味わい。
やっぱり桜川のイメージを引き継いで、その最高峰にふさわしい印象が残る。

9)20年寝かせ?の大吟醸

蔵に残っている20年ぐらいねている大吟醸を特別にだしてもらいました。
25年ぐらい前からのがあるそうです。倉庫の隅をふさいでしまっているので早く売れないかなと言ってました>古酒好きの方どうぞ(笑

第一印象は苦手な古酒のツンとくる苦味が気になりました。空けて暫くすると少しずつ柔らか味がでてきましたが、この日は熟成感が気になるままでした。
数日たって印象が変わるか興味があるところです。

このあと、御燗酒もいくつかでましたが、記憶は遠くに・・・(爆
どちらかというと燗をしないほうが好みでした。
[PR]
by horo41matsu | 2005-09-11 18:35 | 栃木の日本酒


栃木県の地酒情報を中心にほろ酔い気分で書きつづります
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ

以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
As a summary..
by alltel fre at 00:56
by lostyand at 23:03
hmm... [u..
by noaf at 00:49
hmm... [u..
by noho at 23:43
Finally int..
by casino in louisiana at 22:30
Applying for..
by cash advance detroit at 22:29
Join payday..
by bad credit at 00:58
All the 100..
by casino rou at 17:30
Particularme..
by nokia klingeltne at 16:10
by listik-28081 at 12:41
最新のトラックバック
titanium wed..
from titanium weddi..
luftansa air..
from luftansa airli..
snow plows
from snow plows
izod impact
from izod impact
casa guero
from casa guero
pc2700 noteb..
from pc2700 noteboo..
jack off jil..
from jack off jill ..
main
from main
breast enhan..
from breast enhance..
glipizide
from glipizide
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧