日本酒片手にほろ酔い気分



<   2005年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧


旭興 純米吟醸 無濾過原酒 本火斗瓶囲い




栃木県那須郡黒羽町 (株)渡辺酒造さんのお酒のご紹介です。

旭興 純米吟醸 無濾過原酒 本火斗瓶囲い

開栓後の変化があまり見られませんでしたので感想はまとめます。上立ち香はほんのりと優しい香を漂わせています。口に含むと完全に熟した果実ような旨みが支配し、遅れて香が鼻に抜けていくときにあわせてふわっと広がります。後味のキレはスパッと切れるのではないですが、余韻は品の良い旨みがしばし続きます。食事と相性は幅広くいけると思います。
開栓後10日ほどゆっくりと頂きましたが、熟成した安定感が感じられました。

お燗も試してみました。
まずは45度近辺で。口当たりは非常に柔らかくなり甘みがより上品に感じました。しかし時たま、アルコールのピリッとした痛みと、僅かな苦味を感じてしまったのが残念。
次に55度近辺で。アルコールの感じが弱くなり、甘み、旨みの広がりが凄い。ボディがしっかりしていてだらっとした感じにならずキレがあるほう。お燗して頂く場合は、お酒単独で飲むよりも料理とあわせて口当たりのよさを味わいたいと感じました。
[PR]
by horo41matsu | 2005-01-18 23:27 | 栃木の日本酒

自己紹介

こうさぎの「ほー」です。

会津高原のスキー場で熊に襲われているところをご主人様に助けてもらい

こちらのblogに住み着くようになりました。

昨日は雪見風呂で一杯が美味しかったよ♪

*このエントリは、こうさぎの「ほー」が書きました。

なんて投稿をしてくれるらしい
Blog Pet こうさぎを知り合いのサイトで見かけましたので飼いはじめてみました。

沢山お酒を飲んで、訪問してくれる人に紹介してくれるようなると嬉しいです。
マウスで遊んであげると喜ぶので遊んであげてください。

blogへの設定方法はこちらにお世話になりました。
[PR]
by horo41matsu | 2005-01-16 07:25 | private

松の寿 純米吟醸無濾過生原酒 五百万石




栃木県塩谷郡塩谷町 株式会社松井酒造店さんのお酒のご紹介です。

松の寿 純米吟醸無濾過生原酒 五百万石

昨年の年末に発売になりました。酒米、精米歩合、酵母を同じくした純米吟醸と吟醸が発売になっています。

1日目:
冷蔵庫から出して開封後頂くと、かなり派手な上立ち香が感じられる。香としては鑑評会出品酒にあるようなカプロン酸系の香が強いと感じる。(後ほど経験深い方にお聞きしたところアミノ酸が豊富な時の香と説明してもらいました。)
口に含んだ後も含み香が支配的。新酒で開けたてなためでしょうか、味のほうがのってきていないため、バランスが少し悪く感じる。
昨年は味と香のバランスが高いレベルで調和していたので今年も期待が大きかったのですが、ちょっと傾向が変わっているのでしょうか?今後の変化を楽しみにしたいところです。
(長距離輸送後比較的すぐに飲んだのも影響していると思います 汗)

2日目:
1日目の感じとがらりと変化しました。香がすっきりと控え目になる一方、味のほうがかなり花開いてきて調和がとれてきました。味のほうは甘みはやや控え目で複雑な旨みが幾重にも押し寄せてきます。何かに例えるのが難しい旨みですがお酒の幅広さを感じます。まだ口当たりに荒さや角を感じますが、丸く熟成されれば昨年とは違う印象ではあるが良いお酒に仕上がりそうな予感。

7日目:
冷蔵庫から出したて。香はかなり落ち着いている。口に含むと複雑な旨みが感じられるが、甘みが少なく少し辛く感じる。しかし室温ぐらいに温度が上がると鋭く尖った感のある旨みにふくらみがでてくるとともに甘みが感じられるようになる。この変化をみるとまだまだ若い感じ。ピークがいつになるか、飲み手に難しいお酒かも(^^;
酒販店さん、飲食店さんのサポートを期待したいですね。

11日目:
昨日「みかく」さんにお伺いしてこのお酒の話をしている時に、
私:「まさか燗酒は試していないですよね?香もありますし。」
店主:「試していないけど、アミノ酸も豊富でいけると思いますよ。試しましょう。」
なんてことで燗酒にしてみると、とっても良い感じ。
このお酒の未来の一端を覗けた気分でした。

早速自宅でも・・・御燗の温度は55度ぐらいに上げたあと45度ぐらいで頂く。
お燗で少し香が強調されるので、平らな盃で頂く。芳醇な旨みをまず感じますが、その隙間から綺麗な甘みが湧いてくる。旨みと甘みがグルグルと回って感じられる。口当たりも非常に柔らかく優しい感じになり、お水の柔らかさが感じられる。旨みはかなり濃醇だが、さっっと引いていく後味のキレがあり、最後にほんのりとかすかに甘みの余韻が残る。
このお酒のポテンシャルの高さを感じました。
個人的には新酒の華やかさも好きですが、丸く熟成されるころにじっくりと飲んでみたいところです。
#火入れして熟成させてみたい・・・
#自家火入れに挑戦してみようかな(^^;;;
[PR]
by horo41matsu | 2005-01-10 07:37 | 栃木の日本酒

大那 吟醸生原酒




栃木県那須郡湯津上村 菊の里株式会社さんのお酒のご紹介です。

大那 吟醸生原酒 槽掛け一番搾り(中取り)

既に昨年末の話になってしまいましたが、今酒造年度の新酒第一弾として吟醸生原酒 中取り&荒ばしりが発売になりました。昨年末から飲み続けた感想です。
蔵元さんの話によると、第一弾はふくよかな香を楽しんでほしいということで、昨年こだわりを持っていた熊本9号酵母&9号系酵母とは違い、小川酵母を選択されたそうです。
また菊の里酒造15年ぶりの槽搾りを復活させて新たなチャレンジのお酒となりました。
(後日、この復活作業は本当に大変だったと泣いてました 笑)

1日目:
冷蔵庫から出してすぐに頂きましたが、立ち香は控え目であまり立っていません。
口に含むと・・・するっと喉を通り過ぎてしまう。あれっいつもの大那らしい酸を感じない上に、あっさりとしすぎ。まだ蕾の状態のようです。もう数日たってから本領発揮となりそう。

4日目:
甘みと旨みが花開いてきました、旨い。
上立ち香はほんのりと香る程度で食中酒としてよい感じ。
そして口に含むと甘い上品な香が鼻を通り過ぎて、その後旨みとして駆け抜けて行きます。やはり大那らしい酸はあまり目立ちませんが、ボディはしっかり支えている感じがします。
室温ぐらいまで温度を少し上げるとさらに柔らかく感じられます。
甘み、旨みが膨らみ、蔵元さんの意図どおりのお酒になっているのではないかと思います。

10日目:
最初から室温ぐらいで頂く。
口に含むと上品な甘み一瞬押し寄せ、その引き波が旨み変わって感じられる。4日目に頂いたときよりさらに旨みがのってきています。後味のキレはきりっと切れる感じではないが、余韻がゆらゆらと気持ちよく残っているので丁度良く感じられる。
口当たり柔らかさと、鼻に抜ける香のバランスが心地よい。この香、どう表現したらよいのか...軽いフルーツカクテル?ココナッツミルク?杏仁豆腐?身近にありそうでなさそうな感じ(表現力が乏しいだけ・・・汗)。
お肉や煮物等とあわせてみましたが、お互い良い部分が強調される関係。食中酒という路線はしっかりと守っていました。
[PR]
by horo41matsu | 2005-01-05 21:27 | 栃木の日本酒

会津高原 だいくらスキー場




中一日で会津高原 だいくらスキー場に行ってきました。今日から平日料金なのが懐に優しいスキー場です。全コースオープンしているのも魅力的。
行きの道中、道路はほとんど乾燥状態。那須塩原I.C.から約75分で到着です。
雪質は朝方はしまった状態(駒止コース)だったのですが、天候が・・・
着いたときの天気は晴れ、午後から前線の影響で・・・とありましたが、10時ごろから既に天気が崩れてしまいました。しかもリフト乗り場ではみぞれ、リフト降り場でかろうじて雪というスキー場としては暖かな状態、雪もだんだん湿り気を帯びて重くなってしまいました。
だいくらスキー場といえば最大斜度38度の台鞍コース。もちろんオープンしていました。
コブはほとんど成長しておらず、滑った後で表面が軽く固められた非圧雪のふかふか状態。コブではヘコタレる私には丁度よかったのですが、斜面を攻めてすべるにはちょっと物足りなかったのでしょうか?
今年こそはこの斜面をスイスイと・・・と思い、早数年ですが、今年も挑戦です(^^;
今日のお供は「松の寿 吟醸」でほろ酔いスキーでした。
写真は山腹からの会津街道の一望です。昨年の大河ドラマ新撰組の最後を思いつつの1枚です。
[PR]
by horo41matsu | 2005-01-04 19:40 | スキー情報

アルツ磐梯スキー場




新年初滑りはアルツ磐梯スキー場になりました。
年末~年始にかけての大雪(?)で全コースオープンを期待して何も調べずに出かけたのですが・・・この日はゴンドラリフト、第4クワッドリフト、第5,6ペアリフトのみ稼動とちょっとばかり悲しい状況でした。
雪質は第6ペアリフト脇の10コースが未圧雪のふかふか(パウダーではないが)、11コースが雪不足でブッシュが見える状態、他が人工雪混じりのすこしカリカリした状態でした。
10,11コース以外は家族連れを中心に大混雑でしたので、この日は空いてる両コースをひたすら滑ってました。圧雪バーンをビュンビュンとばすのも気持ちよいですが、未圧雪コースに打ちのめされるのも挑戦のしがいがあるかな(^^;
今日のお供は臥龍梅純米吟醸14BYでほろ酔いスキーでした。
写真は山麓からの猪苗代湖の一望です。

p.s.
昨シーズンからアルツでは宝カード(会員証)を発行しています。駐車場全日無料にリフト券割引、アルツに行くなら是非利用しましょう。
[PR]
by horo41matsu | 2005-01-02 14:56 | スキー情報


栃木県の地酒情報を中心にほろ酔い気分で書きつづります
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ

以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
As a summary..
by alltel fre at 00:56
by lostyand at 23:03
hmm... [u..
by noaf at 00:49
hmm... [u..
by noho at 23:43
Finally int..
by casino in louisiana at 22:30
Applying for..
by cash advance detroit at 22:29
Join payday..
by bad credit at 00:58
All the 100..
by casino rou at 17:30
Particularme..
by nokia klingeltne at 16:10
by listik-28081 at 12:41
最新のトラックバック
titanium wed..
from titanium weddi..
luftansa air..
from luftansa airli..
snow plows
from snow plows
izod impact
from izod impact
casa guero
from casa guero
pc2700 noteb..
from pc2700 noteboo..
jack off jil..
from jack off jill ..
main
from main
breast enhan..
from breast enhance..
glipizide
from glipizide
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧