日本酒片手にほろ酔い気分



<   2004年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧


源水点 斗瓶採り大吟醸原酒









栃木県塩谷郡塩谷町 株式会社 松井酒造店さんのお酒のご紹介です。

源水点 斗瓶採り大吟醸原酒

酒米に山田錦、酵母に栃木県酵母T-1を用いて醸された大吟醸。
今年の全国新酒鑑評会金賞受賞酒と同一タンクのお酒になります。
3日目:
諸事情により開封から3日目から感想を書き始めます。
冷蔵庫から出したてではまだ固さを感じます。14BY(といっても飲んだのは今年の春ですが)に比べると味乗りは控えめでしょうか。
すこし温度が上がると上品な香が立ってくる。私は上立ち香にかなり弱い(良く分からない)ので含み香で上品さを感じました。
味乗りが控えめな分、香とのバランスが全体的に控えめで、逆にバランスよく感じるように感じました。食前酒の1杯として頂きましたが、食欲がわいてきます。

6日目:
香が華やかになっています。同蔵の純米大吟醸山田錦生酒と並べて飲んでいますが
香の感じ、味の感じの違いが分かって面白い。
(おぉ、並べて比べると上立ち香もすこしは分かるぞ 笑)
並べて飲むとこちらは香、風味ともに優雅といいますか派手に感じます。
しかし、まだ若いかな。まだ隠れている旨さが出てきそうな予感が。

8日目:
今日で最後になってしまいました。冷蔵庫から出して20分後ぐらいから飲み始めました。
開封後の変化によるものか、温度帯の影響か、花が開いたかな。
苦渋味がほとんど感じなくなり、優しい味わい、味のふくらみ、香の上品さを感じます。
熟したメロン系の印象でしょうか。全体のバランスの良さを感じました。
開封から1週間たちましたが全くダレた感じがしません。
むしろまだ先にピークがあるかの印象も感じさせます。
半年後、1年後にもう一度飲んでみたい1品。
うまく枯れた感じの熟成をしてくれるのではないかと思います。
[PR]
by horo41matsu | 2004-09-30 09:15 | 栃木の日本酒

第2回冷蔵庫を襲撃してもらう会


26日は会社の同僚を誘って「第2回冷蔵庫を襲撃してもらう会」を開催しました(^^;
一人だとなかなか空ける決断が出来ないお酒などを、お酒の勢いで開けちゃおうという単純な趣旨の会です。


一応ホストとしておもてなしということで色々料理などを作って遊んでみました。
作った料理とお酒の紹介を簡単に。



前菜  トマトのひき肉ドレッシング風味
     グリーンアスパラとチーズの生ハム巻き
造り  しめ鯖 生&炙り
     カツオの塩たたき


焼き物  那須どりの焼き物 スダチ皮風味
      秋刀魚焼き
椀物   秋刀魚のつみれ鍋 きのこ風味
食事   ざるそば


デザート  あけび
       湯津上村の梨





お酒リスト
磯自慢 純米大吟醸
松の寿 純米大吟醸 山田錦 生酒
飛露喜 純米吟醸 愛山 生酒
たまか 吟醸 山田錦・雄町

実はあと2品ほど用意したのですが、ボツになってしまいました。
米なすの味噌田楽・・・お酒を飲みながらグリルで焼いていると味噌の部分が真っ黒焦げ
秋刀魚のすっぱ煮D.O.風・・・この日唯一のD.O.料理でしたが、少々香ばしい香がついてしまい(やっぱり焦げたとも言う)、自家用のおつまみに

次回は炬燵に燗酒の季節かな・・・
襲撃してくれた友人よありがとう(笑
[PR]
by horo41matsu | 2004-09-27 22:05 | private

たまか 吟醸&特別純米 その4

栃木県那須郡黒羽町 (株)渡辺酒造さんのお酒のご紹介です。

たまか 特別純米 一本〆 栃木県酵母T-デルタ
6日目:
このお酒もお燗を試してみました。
冷蔵庫から出して直ぐ:旨みが乗ってきた一方で、苦味を感じるように。あれれという感じ。
30度:あまり大きくは変わってこない。旨み甘みが強くなる一方、切れが弱くなりだらだらと続く感じ。お酒だけで飲んでしまったのですが、食べ物と一緒だとまた違った感想になりそう。
50度:油断していたら一気に50度に。立ち香が強い。今度は切れが強くなるが、その前の旨みがあまり感じられず、さらっ、すぱっと切れてしまう感じ。
45度:立ち香が落ち着き、ほっとする柔らかさを感じるようになる。角のない旨みで、食事(秋刀魚焼き)とあわせると、お互いに邪魔をせずに味わえる。
40度:柔らかさのなか、旨みと甘みのバランスが良い。少し乳系の感じを受ける。

燗酒でホッとしてさらっと切れる感触をもとめるかたには飲み頃。
燗酒として旨みのノリを楽しむには、もう少し熟成させてからでもいいかなと感じました。

たまか 吟醸 山田錦・雄町 協会7号
7日目:
冷蔵庫から出して20分後くらいから飲み始める。
非常に柔らかくメロンのような香と甘みが最初に訪れる。柔らかくバランスが良い心地良さがスーッと口の中を走りぬけ、さーっと引いていく。鶏肉のスープや厚揚げの炒め物と合わせましたが、酒の旨さが負けることはなく、しかし主張しすぎることもありません。まさに花開いた最高の状態。
[PR]
by horo41matsu | 2004-09-21 20:26

鮎の塩焼き



地元でお世話になっている俵寿司に久しぶりに行ってきました。
そろそろ鮎も終わりの季節なので、ぜひとも最後に食べておきたかった(笑
俵寿司では、那珂川の天然鮎をお父さん&お父さんの釣り仲間が釣ってきたものを
出してくれるので、とっても美味しく頂けます。
大きくなった鮎もガブリとかぶりつくと、ほろりとほぐれて良い香りが立ちました。
他にも色々頂いたのですが、お隣のお客さんと盛り上がり飲みすぎてしまったので
あまり覚えていません(あっ、お料理の名前ですよ)。
一応日本酒がテーマなので飲んだお酒を。

天明 純米吟醸 山田錦火入れ
臥龍梅 純米吟醸 雄町
大那 純米しぼりたて生
大那 大吟醸 おりがらみ
田酒 氷清 特別純米 原酒
琵琶の長寿 純米吟醸 氷清原酒
鳳凰美田 純米吟醸 若水
他にも飲んだような・・・ 各1合を2人で飲みました(爆
[PR]
by horo41matsu | 2004-09-20 20:48 | 飲食店情報

たまか 吟醸&特別純米 その3

栃木県那須郡黒羽町 (株)渡辺酒造さんのお酒のご紹介です。

たまか 吟醸 山田錦・雄町 協会7号
3日目:
お燗を楽しむお酒がコンセプトの一つである「たまか」シリーズ、酒屋さんはこのお酒は冷酒でとアドバイスしてくれましたがお燗してみました。お燗は鍋に徳利を浮かべて。温度は徳利の中で測った温度です。

20度:柔らかみがでてくる。昨日の濃く感じた部分に対し、口に入れたときから切れを感じる。
30度:真っ先に綺麗な甘みが広がる印象が強い。一方、酸とのバランスが崩れかける。これは、急激な温度変化の影響ではないかと、すこし落ち着けると違う感じがするかな。
40度:この辺りでは立ち香を吸い込むとすこしムワッとする。しかし口に含むと心地よい香と甘みが中心の良い味わいになる。すこしとろみもでてくる。
50度:乳酸系?の味が甘みと一緒に押し寄せてくる。甘みが中心だったのが、酸が前面に、甘みがその背後を支える構図に変化したかな。
ここで鍋からだし、温度を下げていく。
45度:酸味が落ち着き、甘みとのバランスが良い。最近お燗酒は、一度温度を上げたあと、燗冷ましとしてこの温度帯でのむことが多い。
40-30度:落ち着いてきた燗冷まし。今日一番のバランスのよさ。全体的な旨みがすこし控えめになり、切れのよさが食べ物とあわせてホットする味わいをうむ。飲み飽きせずずーっと飲み続けることができる錯覚に陥る。もう一度この温度でじっくりと飲んでみよう。
[PR]
by horo41matsu | 2004-09-18 11:20 | 栃木の日本酒

たまか 吟醸&特別純米 その2

栃木県那須郡黒羽町 (株)渡辺酒造さんのお酒のご紹介です。

たまか 吟醸 山田錦・雄町 協会7号
3日目:
今日は室温で15分ぐらい放置してから飲み始める。とろみを感じる甘さ、旨みが濃く出てきています。もちろんダレた感じではなく蕾が開花した感じ。そして旨みを十分に受け止めた後、余韻の切れはよし。味吟醸に分類されると思います。

たまか 特別純米 一本〆 栃木県酵母T-デルタ
3日目:
こちらも室温で15分ぐらい放置してから飲み始める。こちらはまだ開花途中の感じ。このお酒、不思議なことにお酒だけ続けて飲むと少し渋みが気になるのですが、食べ物を口にして(今日は焼きソーセージ)しばらくして口に含むと果物様の甘み、そして旨みがぶわっと口の中に広がる。
食中酒というと、自己主張をあまりせず食事の邪魔をしないようなイメージもありますが、私は食事中にお酒の旨さを楽しめるこんなお酒が大好きです。
[PR]
by horo41matsu | 2004-09-17 07:56 | 栃木の日本酒

たまか きもと純米吟醸



栃木県那須郡黒羽町 (株)渡辺酒造さんのお酒のご紹介です。
メインブランドは「旭興(きょくこう)」ですが、2004年秋に「たまか」シリーズ3種類を新商品として発売されました。現在進行中の2本の飲み比べの残りの1本です。



たまか きもと純米吟醸 山田錦・雄町 協会6号酵母
グラスで1杯:
先週土曜日に東京で行われたおめでたいオフ会に持ち込んで飲んできました。小さなグラスで1,2杯だったので本当の良さを見つける前に終わってしまいましたが、旨みが豊富に出ている味吟醸と感じました。香は含み香が適度に豊かで心地よい。後味が綺麗に切れるお酒です。切れのよさが「たまか」シリーズ共通に感じます。蔵元様は燗をターゲットに商品化したと聞いておりますので、今度はじっくりと温度を変化させながら飲んでみたいです。
[PR]
by horo41matsu | 2004-09-16 08:25 | 栃木の日本酒

たまか 吟醸&特別純米



栃木県那須郡黒羽町 (株)渡辺酒造さんのお酒のご紹介です。
メインブランドは「旭興(きょくこう)」ですが、2004年秋に「たまか」シリーズ3種類を新商品として発売されました。そのうち2本の飲み比べです。

たまか 吟醸 山田錦・雄町 協会7号
1日目:
冷蔵庫から出して開封後すぐの状態でいただく。上立ち香はまだ蕾の状態のようで微かに香っている。口の中で転がすと心地よい含み香がときたま鼻に抜け、これから数日して花が開くような変化が楽しみ。味わいはほんのりした甘みに旨みがのっているが、こちらもまだ蕾状態かな。余韻に残る味わいがとても綺麗でこの味が前面に出てくると嬉しいです。

たまか 特別純米 一本〆 栃木県酵母T-デルタ
1日目:
同じく冷蔵庫から出して開封後すぐの状態でいただく。一口目に甘みと一緒に渋みも感じますが、このお酒は食中酒として魅力を発揮しそう。早速、今日のお肴、秋刀魚と一緒にいただく。秋刀魚の油の余韻に負けない、非常に心地よい果実味をベースにした芳香が口の中に押し寄せ、心地よい余韻に繋がる。これは旨いと思わず微笑んでしまいました。
[PR]
by horo41matsu | 2004-09-15 07:55 | 栃木の日本酒


栃木県の地酒情報を中心にほろ酔い気分で書きつづります
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ

以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
As a summary..
by alltel fre at 00:56
by lostyand at 23:03
hmm... [u..
by noaf at 00:49
hmm... [u..
by noho at 23:43
Finally int..
by casino in louisiana at 22:30
Applying for..
by cash advance detroit at 22:29
Join payday..
by bad credit at 00:58
All the 100..
by casino rou at 17:30
Particularme..
by nokia klingeltne at 16:10
by listik-28081 at 12:41
最新のトラックバック
titanium wed..
from titanium weddi..
luftansa air..
from luftansa airli..
snow plows
from snow plows
izod impact
from izod impact
casa guero
from casa guero
pc2700 noteb..
from pc2700 noteboo..
jack off jil..
from jack off jill ..
main
from main
breast enhan..
from breast enhance..
glipizide
from glipizide
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧