日本酒片手にほろ酔い気分



カテゴリ:private( 32 )


高橋淳氏のワインセミナー

自転車で15分ぐらいのところの東武百貨店大田原店で開催されたワインセミナーにいってきました。

講師の高橋氏は宇都宮の酒類卸・小売・輸入販売業 越後屋の専務にして、ワイン投資ファンドを運営する株式会社ヴァンネットの代表取締役専務です。
このワイン投資ファンド、セミナーが終わってから講師の方のことを調べていて見つけたのですが面白そう...と思ったのもつかの間、投資は最低300万円から。私には手が出せない世界です(>_<)

さて、セミナーの方ですが、葡萄種による味わいの違いというテーマで以下の葡萄種からなる8本の飲み比べでした。
ソーヴィニヨン・ブラン/リースリング/シャルドネ(チリ)/シャルドネ(フランス)
メルロー/カベルネ・ソーヴィニヨン/メルロー&カベルネ・ソーヴィニヨン/ピノノワール
(銘柄は写真には撮ってきたので調べられれば追記します。)

漫画、美味しんぼやdancyuの影響で日本の白ワイン、甲州種に興味があったので試飲できなかったのは残念。
ワインはそれぞれ1500円前後の1~3年ぐらいのものでした。うーん、このクラスでは日本酒のとびっきりを飲む以上の感動はなかったな。ワインの魔力に魅せられたらどうしようとドキドキしていたのですが残念(笑  万博会場でワインの無料試飲会コーナーがあり、そこで頂いたワインのほうが印象深いなぁ。
葡萄の種別による違いはなんとなく分かるのですが、どんな料理と合うんだろうというイメージがわかないのが個人的には痛いところ。日常の食生活がこんなところに影響しているなぁ。西洋料理のお店なんてほとんど行かないから(^^;;;
一度料理との相性をみながら色々なワインを味わえるような会に行ってみたいなぁと思って終了です。さて、これが禁断の道への第一歩になるか...10年後ぐらいにどのように位置づけられているのでしょう?!

ちなみにセミナーではワインに関する小話が面白かったな。
ワインは精神的な部分に訴えるワインと、官能的に訴えるワインが有る。異性を口説き落とす勝負ワインは「ピノノワール」のワインです。
とか
ゴッホの「ひまわり」の舞台になったひまわり畑は普通に通り過ぎるとなんの感動もない。ところがワインを飲んでその風景をみると、圧倒される迫力を感じる。彼もワインを飲んで書いたに違いない。
とか、とか...

p.s.
セミナーの後、試飲コーナーで10種類ぐらい試飲しましたが、これはというものに出会えなかったで、購入したのは...「たまり漬けチーズ」(爆  これは日本酒に合いそうです。
ドイツの赤ワインはとっても甘くて驚きでした。
[PR]
by horo41matsu | 2005-05-15 20:30 | private

ホームパーティ




takemaru.comに集う仲間達のホームパーティに誘っていただき、遊びに行ってきました。
日本酒を造る人、売る人、飲む人、情報を発信する人、マニアな旦那さんをもつ奥様&子供達、日本酒への関わり方は様々ですが、日本酒という共通の話題でつながった不思議な縁。この縁も元を辿れば、長年takemaru.comを運営しているホストの魅力です。

ホスト自らチキンの丸焼きをダッチオーブン料理で振舞われ...かっこいい。男30代、こうありたいと憧れます(笑 奥様にも沢山の手料理をご馳走になり、どれもこれも美味しく頂きました。

どたばたした遠征だったので、お酒だけ持参で参加。

松の寿 純米大吟醸 しずく搾り荒走り
旭興 純米吟醸 生原酒 無加圧 斗瓶取り 山田錦(自家一年熟成)

松の寿はおりがらみのため、瓶内発酵が進んでました(汗
甘みが弱く、少し辛口に感じる状態。シュワシュワ感がありました。
以前頂いたときは柔らかく旨みがのっている印象で、自分の好み的には以前頂いたときのほうが良かったかなと...飲み頃が少しばかり過ぎてしまったかもしれません。開封後しばらく置くとまた味がのってきて印象がよくなったのかも。

この日は当然のようにお酒は持ち寄り。
中には初亀/開運の10年以上の古酒なんてのも。これは私としては熟成しすぎでストライクゾーンから外れてました(笑
そしてワンカップの数々が怒涛のように開けられました。しかし20種類あけても2升なんですよね。瓶が並んだ姿は爽快で、とっても飲んだ気分になるのですが(笑

お昼に始まって、延々10時過ぎまで、とても楽しい会になりました。
次回はどこで開催されるのか、いまからウキウキ気分です。
今年のGWの食べて飲んでの日々の第一弾でした。
[PR]
by horo41matsu | 2005-04-29 22:45 | private

自己紹介

こうさぎの「ほー」です。

会津高原のスキー場で熊に襲われているところをご主人様に助けてもらい

こちらのblogに住み着くようになりました。

昨日は雪見風呂で一杯が美味しかったよ♪

*このエントリは、こうさぎの「ほー」が書きました。

なんて投稿をしてくれるらしい
Blog Pet こうさぎを知り合いのサイトで見かけましたので飼いはじめてみました。

沢山お酒を飲んで、訪問してくれる人に紹介してくれるようなると嬉しいです。
マウスで遊んであげると喜ぶので遊んであげてください。

blogへの設定方法はこちらにお世話になりました。
[PR]
by horo41matsu | 2005-01-16 07:25 | private

酒粕風呂




思いがけず酒粕を入手させていただいたので、「蔵の宿」という漫画を見て以来気になっていた酒粕風呂に挑戦してみました(笑
まずはぬるま湯(2升)に酒粕(500gぐらい?)をいれて1時間ぐらいおいて溶かします。
米粒を濾過するためにキッチン用の濾過袋(?)につめて袋搾り(爆
と思ったのですが、なかなか時間がかかるので圧をかけて搾りました。
しぼったものをお風呂のお湯に入れて白いにごり湯の完成です。

さて、入浴の感想。
上立ち香もとい香は酒造を包み込んでいるような清々しい香ではなく、やっぱり酒粕っていう感じですね。(この香、皆さんはどのように表現するんでしょう?)
浴室に香りが充満して酔ってしまう感じになるほどは香りませんが、お湯をかき混ぜるとふわっと香ってきます。
お湯の肌触りは特にべたつくことも無く、さらさらしてました。
効能はあるんでしょうか???少なくとも即効性で肌がつるつるするようなことはありませんでしたが(笑
気持ち的に自己満足にひたれて、良かったです(^^;

2時間ほど半身浴しながら近藤哲生著「プロジェクトマネジメント」を読みました。
架空病院の病室管理システムを構築するプロジェクトを成功に導くサクセスストーリーの内容。いまの仕事に近からず遠からずということで...いろいろと教わるものもありました。
「プロジェクトは人を幸せにしなければいけない」こんなリーダーの下で働きたい・・・
ではなくて、自分がそうあれるよう、努力しないといけないですね。
明日から心機一転、頑張ろう(^^;;;
[PR]
by horo41matsu | 2004-12-12 22:31 | private

忘年会




忘年会のオプション企画として職場の有志12人ほどで蕎麦の手打ちを体験してきました。お世話になったのは「農村レストラン 高林坊」さん。
全員が初体験だったのですが、二人ずつペアになって蕎麦打ち。
お手本を見てると簡単にやっているような作業の一つ一つがほんとうに難しい。
力をあまり使っていないように見える工程が、実はかなりの力が必要だったり・・・
親切な説明に的確なフォローのサポートのおかげで、なんとか上の写真のようなお蕎麦に仕上がりました。

その後打ちたてを試食。香があまり立っていないのは、腕のせいでしょうか?(^^;
太い面や細い面がまざってしまって、歯ごたえがばらばらでしたが・・・会社の食堂の蕎麦よりは美味しかったかな?
しかし残念なことは、山葵が・・・もったいないです。
お一人から体験できて試食込みで2500円ぐらいだったかな?団体割引があるようです。

忘年会の本チャン(の2次会)では、上の写真のようなお酒を持ち込んで飲んできました。
搾りたてのにごり酒から昨年の鑑評会出品酒まで、いろいろな個性を楽しめました。
重厚系のお酒が無かったのがちょっと反省かな?
[PR]
by horo41matsu | 2004-12-10 22:31 | private

冷蔵庫の会




仙台周辺で活動されているT@kemaru.comに集まる皆さんとの一時を楽しんできました。秋の日本酒の会でお会いしているうちになんとなく盛り上がって開催された今回の「冷蔵庫の会」、冷蔵庫フェチの集まりではございません(^^;
今回は主に私が本格的に日本酒を飲み始める前から地酒を探し回っていた先輩方の冷蔵庫の中身をお裾分けしてもらってきました。今では入手困難なお酒の秘蔵酒や、ラベルが無いお酒等など、いろいろ秘密のお酒を味合わせてもらってきました。

私もせっかくの機会なので、栃木の日本酒を味わってもらおうと栃木酵母で醸されたお酒を持ち込んでみました。
松の寿 源水点 大吟醸原酒
旭興 大吟醸
5年後、10年後に私が栃木のお酒に目覚めたころのお酒でね・・・
なんて語りながら飲んでみたいなと思いながら、他のお酒を味わってました(笑
[PR]
by horo41matsu | 2004-12-03 22:45 | private

みかく蕎麦収穫祭





栃木県塩谷郡氏家町の蕎麦処 みかくさん主催の「みかく蕎麦収穫祭」に行ってきました。

まずは畑で、8月末にまいた種の収穫です。今年は鳩(だったかな?)にかなり食べられてしまったそうで、収穫量が少ないなぁということでした。それにしても畑に入るなんて何年ぶりだろう?もちろん手作業での刈り取りですが、作業はご年配の皆様にお任せして(汗 収穫祭の準備に取り掛かりました。

実は店主から是非ダッチオーブン料理をとのリクエストがあり、ご相談の上、山形風芋煮を作ることになっていました。鮎の炭焼きを作ってくださっているおじさんと一緒に炭おこしから料理開始。途中、既に収穫され天日干しされた蕎麦の実を落とすところ、手打ち蕎麦の打ち方などを見ながら、(省略)・・・、料理完成(汗

この日は車での遠征だったので、日本酒はほとんど飲めませんでしたが、色々なお料理に新蕎麦をたっぷりといただき、スローライフを満喫した一日でした。
[PR]
by horo41matsu | 2004-11-07 21:42 | private

第3回 今市そばまつり





10月30日~11月3日に日光だいや川公園で催された第3回 今市そばまつりに行ってきました。
そばまつりには地元今市市や栃木県内の蕎麦屋さんの他に、全国から蕎麦屋さんおよび蕎麦愛好会の皆さんが20数軒出店されています。
各ブースの店頭で手打ちの技術を披露しながら、各店個性豊かなおそばを提供されていました。新蕎麦の季節実に美味しいイベントです(^^)
私が頂いてきたのは次の3品です。

会津山都蕎麦 蕎邑:もり(写真無し)
新蕎麦の香を楽しむにはもりということで、近くて遠い山都のお蕎麦からはいりました。つゆをつけずにちょっとの山葵とお蕎麦で香の競演を楽しみました。

越前そば道場:越前おろしそば(写真中)
某漫画で越前のおろし蕎麦が名物なのを知り、一度食べてみたかった一品。福井の愛好会の皆さんが腕を振るっていました。このお蕎麦一本勝負。かつを節が上にのっているのはあまり見かけないような気がしますが、なかなか美味しかったです。蕎麦の香がちょっと負けていたような気も・・・蕎麦湯をもらってしまったのですが、付けダレとかはないのでどうやっていただくのだろう??という感じで、そのまま飲んでしまいました(^^;

いばらき蕎麦の会:鴨そば もり(温かいの)(写真右)
鴨&温かいのに引かれていただきました。鴨、舞茸、焼きねぎのはいったつゆにつけていただきます。蕎麦単独の味は、蕎邑さんの蕎麦よりすこし軽めでした。10割そばとニ八蕎麦の差かな?(良く分かっていない)。つゆの量が少なくて、最後温度が下がってしまったのがちょっと残念でしたが、温かいお蕎麦もGoodでした。

番外編として、この日のお供は「天明 純米吟醸 無濾過瓶火入れ 山田錦」。
食前、食後酒としてお蕎麦の香に負けない、しかし邪魔しないいい組み合わせでした。
一緒に行った友人は地ビールの日光ビール(生)を見つけてご機嫌。普通の生ビールと同じ値段で提供されていました。他に石臼引き(蕎麦用の石臼?)の珈琲豆をつかった珈琲も美味しかったです(^^)

来年のためのメモ。
この日は休日&最終日でした。朝方7時ぐらいまでは雨だったのですが、9時ごろから薄日が差すように。10時に(一番近い)臨時駐車上があるダイヤ橋(河川敷)近辺に着きましたが駐車場がほぼ満杯でした。また12時過ぎに帰宅の途につきましたが、駐車場の入車待ちは無く、入る車、出る車がバランスよく入れ替わっていました。
[PR]
by horo41matsu | 2004-11-03 20:12 | private

新野地温泉 相模屋旅館(福島)




会社の休みが取れたので、仙台から栃木の帰り道に、福島県福島市新野地温泉に行ってきました。
この日はあいにくの霧の中で山の景色を十分に感じられなかったのは残念なところ。ほんの少しだけ持ち込んだ「忠愛 本醸造」のお燗は旨く、ほろ酔い気分を味わいながら、2時間ほど長湯してきました。時々小雨のなかですが、下半身浴でも体の中からポカポカあたたまるいい湯でした。

時期的には紅葉のピークがすぎてしまっていました。あと1週間ぐらい前が見ごろだったかな。途中の山道でところどころですが紅葉を楽しんできました。
ちなみにここの温泉は女性用の野天風呂のほうが眺めが良いみたい。一度入ってみたいところです(^^;
[PR]
by horo41matsu | 2004-11-01 21:09 | private

二岐温泉 大丸あすなろ荘(福島)








自宅から片道2時間半のドライブを兼ねて、福島県岩瀬郡天栄村二岐温泉に行ってきました。
秋晴れの真っ青な空に映える紅葉も綺麗で、癒しのときを満喫。
川べりの露天風呂からは、遠くに小さな滝も見えます。
湯船に器を浮かべてほろ酔い気分と行きたいところなのですが、この日は夜に日本酒の会があるので我慢×2。

温泉では良く本を読むのですが、この日は娯楽系で森博嗣著「四季(春)」をチョイス。
ミステリー系に分類されていますが、森さんの作品は登場人物の思考に森さんの思考が垣間見えます。私は遠く及ばない発想(^^; しかしそれが面白い。
[PR]
by horo41matsu | 2004-10-24 21:25 | private


栃木県の地酒情報を中心にほろ酔い気分で書きつづります
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ

以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
As a summary..
by alltel fre at 00:56
by lostyand at 23:03
hmm... [u..
by noaf at 00:49
hmm... [u..
by noho at 23:43
Finally int..
by casino in louisiana at 22:30
Applying for..
by cash advance detroit at 22:29
Join payday..
by bad credit at 00:58
All the 100..
by casino rou at 17:30
Particularme..
by nokia klingeltne at 16:10
by listik-28081 at 12:41
最新のトラックバック
titanium wed..
from titanium weddi..
luftansa air..
from luftansa airli..
snow plows
from snow plows
izod impact
from izod impact
casa guero
from casa guero
pc2700 noteb..
from pc2700 noteboo..
jack off jil..
from jack off jill ..
main
from main
breast enhan..
from breast enhance..
glipizide
from glipizide
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧